作家が語る「私が最初の本を出した頃」

たくさんの作品を世に送り出している作家の皆さんにも、もちろん最初の1冊があります。
処女作を出版された経緯を中心に、出版にまつわるお話を伺いました。

世界を飛び回る本当は「がんばる人」

   医師・鎌田實さん

#6

「面白さ」を日々追求

   放送作家・野呂エイシロウさん

#5

365日、作品の構想を練る日々

   トラベルミステリーの雄・西村京太郎さん

#4

実体験を通してつかんだテーマが導いた、作家への道

   ルポルタージュ・コラムの名手・上原隆さん

#3

本を出すたびに学びが生まれる

   行動する作家・今 一生さん

#2

ホップ・ステップ・ジャンプで始まった僕の作家人生

   直木賞作家・志茂田景樹さん

#1

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • G +  - 灰色の円